PR

 今回紹介するSIMフリースマートフォンは、ファーウェイ製の「honor 9」。同社が「HUAWEI」とは別にオンライン専用のブランドとして展開しているモデルだ。前モデルのhonor 8より1万円以上高い価格設定は妥当なのか。質感やカメラ、操作性の仕上がりを判断すべく1週間ほど使ってみた。

5.15インチのフルHDディスプレイを搭載
5.15インチのフルHDディスプレイを搭載
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本向けには、2015年6月に楽天モバイルの独占販売で「honor 6 Plus」が、昨年9月に「honor 8」がそれぞれ発売された。いずれも、デュアルカメラを搭載するハイエンド仕様ながら、比較的購入しやすい価格で人気を集めた。

 第3弾となるhonor 9は、楽天モバイルに加えて、IIJmio、イオンモバイル、NTTコムストア by gooSimsellerでも取り扱っている。価格は販売チャネルや購入方法によって異なるが、楽天モバイルの場合、一括払いで5万3800円(税別)、「スーパーホーダイ」プランに加入して3年契約を条件にすると、2万円割引きされて3万3800円(税別)となる。

背面は美しい鏡面仕上げ。これはサファイアブルー
背面は美しい鏡面仕上げ。これはサファイアブルー
[画像のクリックで拡大表示]
こちらはグレイシアグレー
こちらはグレイシアグレー
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い