ビットコインの弱点に着目する

 同じくブロックチェーン開発のOrb チーフアーキテクトの斉藤賢爾氏の場合は、むしろビットコインや、ビットコインを構成するブロックチェーンの「弱点」に着目。その弱点を克服する新たなブロックチェーンの開発に取り組んでいる(写真3)。

写真3●Orb チーフアーキテクトの斉藤賢爾氏
写真3●Orb チーフアーキテクトの斉藤賢爾氏
[画像のクリックで拡大表示]

 斉藤氏は、日立ソフト(現日立ソリューションズ)のエンジニアを経て、2000年代には慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で地域通貨の電子化などを研究していた。その後、2014年に仲津正朗氏らが設立したコインパス(現Orb)にチーフアーキテクトとして参加した。

 斉藤氏は、特にビットコインのブロックチェーンについて「極めてガバナンスが難しい技術」とみる。例えば、各ノードが持つソフトのバージョンを更新する際に、参加者(具体的にはマイニングプールの主催者)のコンセンサスが得られない場合、旧バージョンを利用するノードと、新バージョンを利用するノードで、二つの正当なブロックチェーンが生成されてしまう―つまりブロックチェーンの「分岐」が容易に起こってしまう。

 さらにビットコインのブロックチェーンは、決済手段として見た場合にファイナリティ(決済完了性)が存在しないのが大きな弱点という。

 ファイナリティとは、決済が完全に終了し、双方に決済リスクが存在しない状態を指す。ビットコインでは、仮にブロックチェーンが分岐した場合、チェーンの長い方を正規のブロックチェーンとみなす。逆に言えば、ブロックが十分な長さになるまで、参加者は決済が未確定になるリスクを負い続けることになる。

 このため斉藤氏は今、Orbの中で、ファイナリティの概念をプロトコルに取り入れたブロックチェーンの開発に取り組んでいる。

 次回は、「mijin」「Orb」など国内スタートアップが開発するブロックチェーン技術の特徴を解説する。