最新型のパソコンを購入したら、OSは当然のようにWindows 10が入っているはずだ。その場合、これまで使っていた古いパソコンと同じように使いたいと思ったら、古いパソコンからユーザーデータやアプリなどを移行する必要がある。

 今使っているWindows 7や同8.1のパソコンをWindows 10にアップグレードした場合でも注意が必要だ。データはそのまま引き継げるが、いつどんなトラブルに遭うとも限らないからだ。データにアクセスできない、あるいはアプリがうまく動かないといったトラブルが起こり得る。そうしたことを防ぐには、アップグレード前にバックアップするなど、何かしら手を打っておくことが重要だ。いつだってもとの状態に戻せる準備をしておけば、Windows 10だって怖くない。

 新しい Windows 10の環境で困らないためには、入念な事前準備とデータ移行計画が大事なポイント。ここでは上手に“お引っ越し” するための、さまざまなノウハウを紹介しよう。