PR

 社内ネットワークをVLANなどで複数に分けている場合には、同じSSIDの無線LANに接続しているのに、突然通信できなくなることがあるので注意したい。

切り替えに失敗する

 ビルのフロアや部署ごとにVLANでネットワークを分けている場合などがそうだ。無線LANを1つのSSIDにして運用していると、ユーザーがフロアを移動した際に、無線LANのハンドオーバーが発生する。別のAPに自動的に接続し直したはずが、その先にある社内サーバーやインターネットにアクセスできない(図4-3)。

図4-3●VLANの切り替えが少ないネットワーク設計にする
図4-3●VLANの切り替えが少ないネットワーク設計にする
無線LANでは、利用者が移動してクライアントを使うことを前提とする必要がある。ハンドオーバー時にVLANを切り替えた際には、ネットワーク接続がうまくいかないことがある。SSID当たりのVLANの数は少ない方が無難だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 この場合、必ずしも無線LANに問題があるわけではない。むしろ、「別のVLANに接続するためのIPアドレスの変更が、うまくいっていないケースが多い」(ユニアデックスの秋谷氏)。DHCPサーバーとのやり取りや端末の仕様に起因する通信トラブルだ。

 無線LANのハンドオーバー時に、こうした処理が必要にならないよう、ネットワーク設計を見直す必要があるだろう。

▼ハンドオーバー
無線LANクライアントや携帯電話などを移動しながら利用する際に、通信をしたまま、複数の基地局や中継装置を切り替えること。