PR

インターネットに
アクセスできない

 クライアントパソコンがインターネットにアクセスできなくなったら、まず正しいネットワーク情報を取得しているかを確認する。そしてインターネットまでの経路の途中で障害が発生していないかを見る。これがセオリーだ。

 最初に「ipconfig /all」を実行してネットワーク情報を確認する(図1-2-1①)。誤った情報を取得していた場合、事例1と同じ手順で原因を探る。

図1-2-1●疎通できる範囲を絞る
図1-2-1●疎通できる範囲を絞る
まずデフォルトゲートウエイ(L3スイッチやルーター)までの疎通を確認する。次に経路を調べて、どこまで届いているかをチェックする。
[画像のクリックで拡大表示]

 正しいネットワーク情報を取得していたら、ping(ピング)コマンドを使ってデフォルトゲートウエイまでの疎通を確認する。デフォルトゲートウエイは、別のネットワークセグメントと通信するときに必ず経由する機器だ。

 pingは、疎通を確認する相手をIPアドレスまたはホスト名で指定する。ipconfigの実行結果で得たデフォルトゲートウエイのIPアドレスを使って実行する(同②)。

 pingの実行結果から、疎通確認のほか、応答時間(問い合わせから相手の応答が届く時間)が表示される。応答時間が通常時より長いときは、その経路上にトラブルが発生している可能性がある。その確認ができるように、正常時の応答時間を知っておくとよい。