PR

 ネットワーク管理者が運用しやすい環境を整えると、トラブルが起こりにくいネットワークになる。LANケーブルを用途や規格ごとに色分けするのはその1つの手として有効だ。

 ケーブルを色分けすれば、作業でLANケーブルを抜く際などに、誤ったLANケーブルを抜くような作業ミスの可能性を低減できる。実際に多くの企業で一目で見分けがつくようにLANケーブルを色分けしている(写真)。

写真●最近はカラフルなLANケーブルが市販されている
写真●最近はカラフルなLANケーブルが市販されている
写真はグリーンハウスのカテゴリー6対応LANケーブル「GH-CBE6」シリーズ(写真提供、グリーンハウス)
[画像のクリックで拡大表示]