PR

(3)フィルター:不要な周波数をカット

 フィルターは、必要な周波数成分だけを通過させ、不要な周波数成分を遮る部品です。モバイル通信では、モード(方式)やバンド、事業者ごとに利用する周波数帯域が決まっています。それ以外の範囲にある周波数成分は他の通信を妨害してしまうのです。そうした周波数成分を除去するのがフィルターの役割です。

不要信号を除いて迷惑をかけない

 RFトランシーバーから出た送信信号の周波数成分は、必要な帯域幅の外にも広がっています。こうした不要な周波数成分は「スプリアス」といいます。スプリアスは他の通信に対して大きな妨害要素となるので、規格や法規制によって抑制が厳しく義務付けられています。そこで、フィルターを使ってスプリアスを取り除くのです(図1-6)。こうした不要な周波数成分を除去すれば、PAで信号を増幅する際に必要な部分だけを強められるので、効率を上げられるメリットもあります。

図1-6●必要な周波数の信号だけを通すフィルター
図1-6●必要な周波数の信号だけを通すフィルター
フィルターの役割は、必要な周波数の信号だけを通過させ、他の周波数成分は遮断すること。
[画像のクリックで拡大表示]

 逆に受信時には、隣接するバンドの電波や他の様々なノイズなど不要な周波数成分を取り除き、受信したいバンドの信号だけを抽出します。