PR

 freeeが目指すのは、受け取った請求書をスキャンしたら、あとは何もせずその内容が必要なシステムにデータとして登録され、資金移動までオートマチックにできる世界です。請求書もオンライン化すれば、スキャンすら必要なくなるでしょう。

 現在、会社設立や給与計算など姉妹サービスを拡充していますが、いずれも同じコンセプトです。行政手続きも含めてすべてのバックオフィス業務をfreee上でワンストップで完結させたい。本業さえしっかりやっていればあとは何も考えなくていい。そんな世界を作りたいのです。

昨年12月に、会計事務所や金融機関とのパートナーシップを相次ぎ発表しました。

写真●クラウドを活用して会計処理を効率化するサービスで、「経理の効率が50倍上がる」がうたい文句。
[画像のクリックで拡大表示]
写真●クラウドを活用して会計処理を効率化するサービスで、「経理の効率が50倍上がる」がうたい文句。

 新たに打ち出したのが「リアルタイム経営パートナー」と呼ぶコンセプトです。中小企業の経理業務が効率化するのに合わせて、支援する立場の会計事務所の効率化もお手伝いしたいと考えています。

 企業が抱える会計データはクラウドにありますから、会計事務所もそこにアクセスすればさまざまな処理が可能になります。期末を待たずにリアルタイムにアドバイスもできますし、新しい提案もできるでしょう。 中小企業と会計事務所の双方がクラウドで新しい力を得れば、もっと効率化するはずだと考えています。

 全国11の金融機関とも提携し、 freeeのデータを活用した新しい融資サービスの検討・開発にも乗り出しました。これまで金融機関は、データが少ないから一定基準を満たさない融資になかなか乗り出しにくいという事情がありました。

 経理データをモニタリングし与信に生かせるようにすれば、今までにない形の融資が可能になるはず。金融機関にとっては新しい融資先の開拓機会が増え、もちろん中小企業にとっては新規事業のための資金調達がしやすくなる。そう信じています。

最終的に描いているゴールはどんな姿でしょうか。

 いずれ、人工知能(AI)の力を借りたバーチャルなCFO(最高財務責任者)機能をfreee上で実現してみたいですね。繰り返しなりますが、freeeさえ導入すれば、バックオフィス業務に関する摩擦がゼロになり、大半の中小企業が毎日本業だけに専念すればよくするのが当社が描く理想のゴールです。

 今年1年は、とにかく結果を出すことにこだわりたい。おかげさまで50万事業所でfreeeはお使いいただいています。ですから「freeeで仕事が本当に楽になった」「リアルタイム経営パートナーの支援も受けて具体的に成果が上がった」との声を聞きたい。

 freeeのおかげで日本の中小企業の労働生産性が格段に向上し、世の中が変わった。そう評価して頂けるよう、サービスの幅も質も徹底的に充実させて参ります。