PR

 デザインはアートではなく、分析と戦略を基に考える「情報設計」である。前回の記事では、そうしたデザインの基本の考え方を紹介しました。

 2回目は、具体的にデザインを設計・構成する際に基本となる4つの理論を解説します。デザインを考える上で基礎となる考え方は、「読みやすい資料作り」「分かりやすい企画書作り」といった日常業務でも活用できます。

関連するものをグループ化する【近接】

 次のデザインを見てください。

悪いデザインの例。情報のつながりが分かりにくい
悪いデザインの例。情報のつながりが分かりにくい
[画像のクリックで拡大表示]

 「いいデザインとは何か?」という英語で書かれたページですが、情報がどうつながっているかが分からず、全ての言葉がバラバラに見えます。それでは、このようにまとめるといかがでしょうか。

デザインを修正した例。カテゴリーでまとめた
デザインを修正した例。カテゴリーでまとめた
[画像のクリックで拡大表示]

 左に3つのカテゴリーを作ることで、「デザインに関すること」は一番上、「コンタクトを取りたいとき」は一番下など、視覚的に情報が入ってきやすくなります。また、ロゴとタイトルなど、デザイン全体のコンセプトを示す2要素もまとめた方がすっきりします。

 近接とは、「関連する情報は視覚的にまとまっていた方が頭に入りやすい」という考えに基づいたデザインの基本。関連するものはグループ化してデザインを組みましょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い