PR

 Instagramの写真を見ると、通常の説明のほかに、「ハッシュタグ」と呼ばれるものが付いている。Instagramで多くの人に見てもらうには、キレイな写真を用意するだけではなく、このハッシュタグについて理解する必要がある。今回は、ハッシュタグについて解説していく。

 ハッシュタグとは「#」(半角シャープ)と単語からなる文字列だ。通常、同じハッシュタグが付いた投稿を探すために検索で利用される(図1)。ハッシュタグがなければ他のユーザーに対する露出が極端に下がってしまうので、フォロワーを増やしたければ絶対に必要なものなのだ。なお、ハッシュタグはTwitterやFacebookなどでも使われている。

図1●「#ふわもこ部」という部分がハッシュタグとなっており、タグをタップすると同じハッシュタグが付いた投稿一覧が表示される
図1●「#ふわもこ部」という部分がハッシュタグとなっており、タグをタップすると同じハッシュタグが付いた投稿一覧が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

「検索」「交流」「自己演出」「記録」に使われる

 冒頭で述べたように、ハッシュタグは主に検索で使われる。16〜40歳の女性を対象としたwomedia Labo*の「Instagramでのハッシュタグ利用に関する意識・実態調査」(2015年11月)によると、2015年によく使われたハッシュタグ活用法の1位は「料理をするときにレシピを検索する」(38%)だった。2位が「料理をするときに食べたいメニューを探す」「服のコーディネートを考えるときに、ハッシュタグで探して参考にする」(各27%)、4位が「外食をする際に、店名のハッシュタグで評判やメニューを見て参考にする」(25%)などとなっている。その他、「旅行先の情報を収集するために、ハッシュタグで見どころなどを検索する」など、選択や購入などの参考にする傾向が見られる(図2)。

図2●「#金沢旅行」で検索したところ。旅行先を検索すると見どころがわかる
図2●「#金沢旅行」で検索したところ。旅行先を検索すると見どころがわかる
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料