PR
筆者が使っている「Thinkpad X1 Carbon」のJapan Limited Edition。1996年に出会った「Thinkpad 535」以来、Thinkpad一筋だ
筆者が使っている「Thinkpad X1 Carbon」のJapan Limited Edition。1996年に出会った「Thinkpad 535」以来、Thinkpad一筋だ
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsパソコンは3台使っている。当初はいずれもWindows 7または8.1を搭載していたが、メインのノートパソコンはWindows 10にバージョンアップ済みだ。開発者向けのプログラム「Insider Program」で提供されたバージョンで、Windows 10が業務環境として問題がないか、互換性などを評価し、正式版に移行した。

 一方、筆者が勤務する国立天文台のネットワーク運用システムを管理するためのパソコン、そして趣味のフライトシミュレーターをインストールしているパソコンは、Windows 7のままである。無償バージョンアップによる移行はしないつもりだ。

 メインのパソコンは、レノボ・ジャパンの「Thinkpad X1 Carbon(2015年モデル)」だ。当初はWindows 8.1を動かしていた。Windows 10においても、仕事で使用するWebブラウザー、Officeソフトなどは、ほぼ問題なく利用できている。

 移行する上で注意したのは、セキュリティとVPN関連のソフトウエアだ。現時点では問題ないものの、今後のアップデートでも問題がないか、注意が必要だと考えている。というのも、これらは2015年11月のメジャーアップデートで動作不良を引き起こしたことがあるのだ。OSをバージョンアップしても問題がないか、今後も留意したい。

 ハードウエアについても、Windows 10で変わらず動作するかどうかが大事になる。とりわけ、ネットワーク機器などを操作する際に必要となる、シリアルケーブルでの接続機能が重要だった。これについては、Widnows 10でも標準でサポートされている英FTDI社のUSBシリアルチップであったため、問題はなかった。