PR

x86仮想化環境向けストレージの国内市場は2020年に1295億円に―IDC Japan

 IDC Japanは2016年11月10日、x86仮想化環境で使う企業向けストレージシステムの国内市場に関する調査結果を発表した。それによると、外付型と内蔵型を合計した市場規模は2020年に1295億1600万円にまで拡大すると予測した。

国内x86仮想化環境向けエンタープライズストレージシステム市場 支出額予測
国内x86仮想化環境向けエンタープライズストレージシステム市場 支出額予測
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社では2015~2020年の企業向けストレージ全体の市場(外付型と内蔵型の合計)の年間平均成長率が0.5%の予測であるのに対し、x86仮想化環境向けストレージ市場は7.4%に達すると分析。高い成長が見込めるため、企業向けストレージ全体におけるx86仮想化環境向けストレージの支出額の比率は、2020年に半分近い48.5%にまで上昇すると予測した。

 仮想化環境における企業向けストレージシステムでは、性能や容量のニーズに加え、データ保護や可用性といった機能面のニーズも高まっていると指摘。仮想化環境の大規模化や複雑化によって、ストレージ運用管理の効率化ニーズも顕在化しているとした。

 今後、x86仮想化環境のストレージシステム市場は、こうしたニーズに対応できる製品が成長の中心となると分析。オールフラッシュアレイやハイブリッドアレイといったフラッシュストレージ、仮想化環境に特化したストレージシステムの導入が進むほか、コンバージドシステムやハイパー・コンバージド・システムで仮想化環境向けITインフラストラクチャー全般を刷新するケースが増えると予測する。

IDC Japanの発表資料へ