PR

 「社員の国籍はさまざまだが、人気のメニューは和食。おにぎりは具材が日替わりで、個数も限られているので争奪戦になる」と、広報統括の下村祐貴子氏は話す。

フェイスブック ジャパン 広報統括の下村祐貴子氏
フェイスブック ジャパン 広報統括の下村祐貴子氏
[画像のクリックで拡大表示]

 以前はメニューとして、サンドイッチやクロワッサン、ベーグルなどパン類を多く提供していたという。社員からの要望もあり、2017年からは和食をメニュー表に加えた。

 メニューを考えるのは、渡邊美樹氏(ファシリティマネージャ)をはじめとするファシリティチームだ。そのメニューを、契約しているケータリング専門業者がオフィス内で提供する仕組みだ。

 米国の独立記念日にアメリカンテーマでミニバーガーやマック&チーズ、キーライムパイなど、特別企画なども実施しているという。

[画像のクリックで拡大表示]

 毎週月曜日の昼には、創業者でCEOのマック・ザッカーバーグ氏と米国本社社員によるQ&Aの映像を見る時間が設けられている。

 軽食をはじめ、ドリンクやスナック、インスタント麺類なども無料。電子レンジやオーブン、コーヒーメーカーなども用意してある。「無料でおいしいコーヒーが社内で飲めるのでカフェに行かなくなった」と話す社員もいるほど。食事は各自デスクでも、フリースペースでも取ってよいことになっている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]