PR

 この先エンジニアが圧倒的に不足する一方で、ユーザー企業はITの更なる活用を迫られるため、このままではITベンダーへの依存がますます高まる。ITベンダーの経営者には仕事が増えて好都合だろうが、そこで働くエンジニアは重い負担を背負うことになり、労働環境が悪化する可能性が高い。今でさえ多重下請けや長時間労働、メンタルなどの問題が一切解決できていないのだ。「もしそんな中にいたら」と考えただけで、誰でも将来が不安になるはずだ。

ユーザー企業で多能工エンジニアの出番

 ユーザー企業から見ても、IT業界の状況は憂慮される事態である。この先IT業界の人材不足が深刻化すれば、コスト増や品質低下が予想され、ITベンダーに丸投げしている企業は足元を見られることにもなりかねない。安い見積もりで釣ろうとする怪しいITベンダーが増える可能性があり、IT部門が衰退したユーザー企業にはそれを見抜く力はない。そもそも予算額の小さい中堅中小企業は、ITベンダーから相手にもされなくなるだろう。

 そのような状況で、ユーザー企業が身を守るためにはどうしたらよいか。この連載で何度も主張している通り、少人数の多能工エンジニア(ソロインテグレータ)を自社に抱えて、内製力を高めればよいのだ(図1)。特にIT予算面で不利な中堅中小企業は、それ以外に選択肢が無いと言ってもよい。これまではひとり情シスや兼任情シスといった形で、エンジニアが悲惨な状況に陥っていたが、この先は戦略的な省力運営の主体と位置付けられる時代になる。

図1●少人数の多能工エンジニアで内製力を高めるのが、新たな時代の現実解
図1●少人数の多能工エンジニアで内製力を高めるのが、新たな時代の現実解
[画像のクリックで拡大表示]

 少数のエンジニアで内製力を高めようとすると、エンジニアは何でもやらないといけない。多能工エンジニアの出番である。企業が彼らに活躍してももらうためには、人事制度の見直しなどが必要になるはずだ。昇進させることでエンジニアのキャリアを消滅させてしまう管理職コースだけのキャリアパスでは、多能工エンジニアが持続可能な姿にならない。そんな企業はエンジニアから敬遠され、IT活用も進まず、ITスキルが低い企業に逆戻りだ。当然、企業競争力も低下するだろう。

 多能工エンジニアの必要性が認識され需要が増えれば、中堅中小企業でもそれなりの待遇が期待できる。そうなれば、一人ひとりの担当範囲が限られた大企業のIT部門や、ブラックなITゼネコンのピラミッドの中にいる優秀なエンジニアが、やりがいや生きがいを求めて中堅中小企業を目指すかもしれない。