PR

 「『富士通なんていらない』。以前の富士通のままでは、顧客にそう言われかねない」。

 富士通が2016年4月に新設した「デジタルサービス部門」を統括する香川進吾執行役員専務は、危機感をあらわにする。デジタルサービス部門は、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)のシステム基盤を顧客企業に提供する新組織だ。

富士通執行役員専務の香川進吾 デジタルサービス部門長兼CTO(最高技術責任者)
富士通執行役員専務の香川進吾 デジタルサービス部門長兼CTO(最高技術責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 同氏が改めて危機感を強く感じたのは、2016年11月中旬に欧州の顧客を訪れたときのこと。ドイツのミュンヘンで開催した展示会「Fujitsu Forum 2016 Munich」に合わせて、現地のユーザー企業を訪問していた。

 訪問先は、欧州の大手運送業。そこで話題に上がったのは、人やモノの運送サービスを低価格で提供する米ウーバーテクノロジーズなどの新興企業だった。「その運送企業は、サービス品質では新興企業より優位だが、その分、価格では太刀打ちできない。『(ウーバーのような)デジタル技術を駆使する新興企業にシェアを奪われないかと危機感を持っている。対抗策は無いか』、と相談された」(香川執行役員専務)。