PR

 2017年1月5日(現地時間)より、米ラスベガスでコンシューマー向け家電見本市「CES 2017」が開幕する(写真1)。

写真1●ファーウェイ「honor」のプレスイベント会場
写真1●ファーウェイ「honor」のプレスイベント会場
(撮影:山口 健太)
[画像のクリックで拡大表示]

 CES 2017を主催する全米民生技術協会(Consumer Technology Association:CTA)による前年度(CES 2016)の開催実績は、来場者総数が過去最多となる17万7393人。うち海外からは世界158カ国から5万3808人が、日本からは2641人が来場した。展示面積は247万平方フィート、出展社数は3887社、報道関係者は7545人だった。

 2017年の会場はLas Vegas Convention and World Trade Center(LVCC)を中心とした「Tech East」、Sands ExpoやThe Venetianなど含む「Tech West」、ARIAなどを含む「Tech South」の3つのエリアから成る。1月3日午後5時(現地時間)からは中国レノボや韓国LG電子、Cerevoなど100社以上が出展するプレイベント「CES Unveiled」が開催される。

 CES 2017のテーマとしては自動車やAIに関心が集まる。毎年の目玉になる開幕直前の基調講演は、2017年度は米エヌビディア(NVIDIA)が担当する。1月4日午後6時30分(現地時間)に共同創設者兼CEO(最高経営責任者)のジェンスン・ファン氏が登壇し、AI、自動運転、VR、ゲーミングなどの分野における最新情報を語るとみられる。

 1月5日には、中国ファーウェイからコンシューマ・ビジネス・グループCEOのリチャード・ユー氏、日産自動車 会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏、1月6日には米クアルコムCEOのスティーブ・モレンコフ氏などの基調講演が予定されている。

プレスデーは2日に拡大、スマートデバイスも多数登場か

 CES開幕前のプレスイベントや記者会見の需要増に伴い、プレスデーは2017年度から2日間に拡大。CES Unveiledが開催される1月3日を1日目、CES会期前日の1月4日を2日目として多数のプレスイベントが予定されている。

 日本企業では、1月4日17時(現地時間)にソニーがプレスカンファレンスを開催、ライブ配信も予定している。トヨタ自動車はコンセプトカーの発表を予告。パナソニックはB2Bやコンシューマー向けの最新技術を披露する。カシオ計算機の米国法人も1月4日にプレスカンファレンスを開催する。

 中国ファーウェイは1月3日に「honor」ブランドのスマートフォンを発表、米クアルコムもプレスカンファレンスを開催する。1月4日には韓国LG電子が4機種の「K」シリーズのスマートフォンの発表を予告した。

 台湾ASUSTeK Computerは新製品の発表イベント「Zennovation」を開催、ZenFoneシリーズの最新スマートフォンなどを発表する。中国TCL Communicationは、キーボードを搭載したBlackBerry端末のティザー動画を公開した(米国法人TCL Communication Technology社長のSteve Cistulli氏のツイート)。

 米デルは1月5日にプレスカンファレンスを開催。新製品としてはディスプレイが360度回転する「XPS 13 2-in-1」を発売することを明らかにしている(写真2)。

写真2●狭額縁ディスプレイが特徴の「XPS 13」の2-in-1モデルが登場
写真2●狭額縁ディスプレイが特徴の「XPS 13」の2-in-1モデルが登場
(出所:米デル)
[画像のクリックで拡大表示]

 ほかにも1月4日には韓国サムスン電子、米インテル、中国ZTEが、1月5日には米デル、中国Xiaomiがそれぞれプレスイベントを開催する。

 ブース展示では、ホンダが10年振りに出展する。Cerevoは未発表のものを含む17製品を出展。ソースネクストは「スマート留守電」の海外版を展示する。レノボは例年通りプライベートブースに出展、1月3日には第7世代Core搭載の「ThinkPad X1 Carbon」など多数の新製品を発表した(写真4)。

写真3●レノボは「ThinkPad X1 Carbon」など多数の新製品を発表
写真3●レノボは「ThinkPad X1 Carbon」など多数の新製品を発表
(出所:中国レノボ)
[画像のクリックで拡大表示]

 会場では2016年度と同様にセキュリティが強化されており、入場時には写真付き身分証明書が必要になるほか、スーツケースなどキャスター付きバッグの持ち込みは禁止されており、金属探知機やボディタッチによる検査も行われる。2017年度の会期は1月5日から8日まで、来場者は16万5000人以上を見込んでいる。