PR

 Part1でも説明したように、以前は無線LANのセキュリティプロトコルとしてWEPが使われていた。しかし、2001年頃からWEPが脆弱だと指摘されるようになり、次々に致命的な脆弱性が見つかった。このため、より安全性が高いWPAやWPA2が使われるようになったという経緯がある。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い