ケーブルを挿すだけでよい

 マルチディスプレイは、Windowsでは標準機能であり、導入方法は簡単だ。パソコンが搭載するディスプレイ出力端子に液晶ディスプレイを接続すれば、解像度や表示サイズなどを最適なものに設定してくれる。Windows 10なら、設定アプリから自分の使いやすいようにカスタマイズし直すことも可能だ。

パソコンの映像入力端子に、ディスプレイケーブルで液晶ディスプレイを接続するだけで、自動的に必要な設定が行われ、デスクトップが表示される
パソコンの映像入力端子に、ディスプレイケーブルで液晶ディスプレイを接続するだけで、自動的に必要な設定が行われ、デスクトップが表示される
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 外付けの液晶ディスプレイを「拡張」設定で1台追加すると、ノートパソコンの液晶ディスプレイと外付けの液晶ディスプレイの両方を、ひとまとまりのデスクトップとして利用できるようになる。それぞれの液晶ディスプレイに表示されているデスクトップは、「設定」では「1」「2」...と番号で認識されて管理される。

 ノートパソコンが搭載する液晶(1)の右に外付け液晶ディスプレイ(2)を設置するなら、「1:2」と並べるように設定すると使いやすい。逆にノートパソコンの左に外付け液晶ディスプレイを設置するなら「2:1」という並びだ。こうした平面的な並びのほかにも、配置はドラッグ・アンド・ドロップで自由に変更できる。

接続したディスプレイの位置関係などは自由に設定できる
接続したディスプレイの位置関係などは自由に設定できる
[画像のクリックで拡大表示]

 それぞれのデスクトップに置いたアプリのウィンドウは、ドラッグ・アンド・ドロップで自由に移動できる。設定アプリ上でそれぞれのデスクトップが接した部分が境目となり、マウスカーソルやアプリのウィンドウを移動するようなイメージだ。境目を移動するときも特に何か作業をする必要はなく、そのままスーッとマウスカーソルなどが移動する。