PR

 スペイン・バルセロナで2017年2月27日〜3月2日に開催された「Mobile World Congress(MWC)2017」には、中国TCLコミュニケーションが展開する「Alcatel」「BlackBerry」の両ブランドの新端末が並んだ(写真1)。

写真1●MWC2017のAlcatelブース
写真1●MWC2017のAlcatelブース
[画像のクリックで拡大表示]

 Alcatel、BlackBerryともにかつての名門ブランドとして知られており、同社はそれを活用することで競争が激化するスマートフォン市場での差異化を図っている。

「Alcatel」と「BlackBerry」の両ブランドを活用

 TCLコミュニケーションが商標として利用するAlcatelは、もともとフランスの通信機器メーカーだったが、現在では「フランス発」のスマートフォンブランドとしてTCLが展開。2015年には日本にも上陸し、UQモバイルなどが端末を販売している。

 ターゲットユーザーは、ミレニアル世代の若者になる。MWC2017では新たなブランドメッセージとして「enjoy.now」を発表し、最先端のデジタルコンテンツやコミュニケーションをいますぐ楽しみたい若者向けに訴求した(写真23)。

写真2●MWC2017のプレスイベントに登壇したTCLコミュニケーション米国法人のCEO、ニコラス・ジベル氏
写真2●MWC2017のプレスイベントに登壇したTCLコミュニケーション米国法人のCEO、ニコラス・ジベル氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●ミレニアル世代の若者がターゲット
写真3●ミレニアル世代の若者がターゲット
[画像のクリックで拡大表示]