PR

 仕事が忙しいからといって、仕事後の同僚との食事を近所の居酒屋チェーン店で済ませていないだろうか?取引先の人と「一杯行こう」と言いながら、毎度同じ立ち飲み屋さんになってはいないか?

 それが悪いとは言わないが、たまに足を伸ばして旨い店に行ってみようではないか。いつもよりは少しだけ値は張るかもしれないが、納得できる満足感が必ずあるはずだ。

 たまには趣向を変えて、感動できる店にも行ってみよう。

 きっとそのお店のおいしさや感動にインスパイアされて、仕事への活力や仕事の新しいアイデアが生まれてくるだろう。

 この連載では、仕事仲間や仕事の取引き先の人と、いつもより少しだけフンパツして旨いもんや感動を共有できるお店に行けば仕事もきっとうまくいく!そんな飲食店を紹介していく。

(撮影:畠中 茂、以下同じ)
(撮影:畠中 茂、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 記念すべき一軒めは、六本木にある『地鶏酒房 万徳』。宮崎料理を中心とした九州の旨いもんが食べられる、六本木の隠れ家的なお店だ。

 場所は東京ミッドタウンのレジデンス前で、都営大江戸線六本木駅の出口から徒歩1分というアクセスの良さである。

白いちょうちんと白い暖簾が象徴的な扉を開けると、カランコロンと鈴がなる。温かみの木目調の造りで、壁面には日本酒や焼酎の一升瓶がディスプレイのように飾られてる。

店内。カウンター席と、こあがりの掘りごたつ席、半個室席がある
店内。カウンター席と、こあがりの掘りごたつ席、半個室席がある
[画像のクリックで拡大表示]
カウンター席
カウンター席
[画像のクリックで拡大表示]
半個室席
半個室席
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは飲み物を。ビールはスーパードライ(600円)とプレミアモルツ(700円)の生が楽しめる。

 日本酒は人気の定番がそろっており、他店よりリーズナブルに飲める。新潟の八海山(1200円)をはじめ、新潟の景虎(880円)、石川の天狗舞(800円)などが注文できるのがうれしい限り。

 焼酎は約60種類で、鹿児島の丸西(800円)、鹿児島の三岳(800円)、宮崎の月の中甕仕込み(1450円)など、焼酎通にとってたまらないラインアップがそろっている。

 さらに、「ないしょの一杯」(時価だか、だいたい800円~900円程度)は、客の好みを聞いて、メニューにはないその日のオススメを出してくれるので、ぜひ一度お試しあれ。

 料理のスタートは、ヘルシーに「海老と帆立のマリネサラダ」(1000円)からいってみようではないか。シャキシャキとしたレタス、細かくスライスした色とりどりなパピリカやタマネギ、プチトマトの上に新鮮な海老と帆立をたっぷり乗せて、ブラックペッパーと醤油をミックスしたオリジナルドレッシングが見事にマッチしている。

海老と帆立のマリネサラダ
海老と帆立のマリネサラダ
[画像のクリックで拡大表示]

 普段野菜が苦手でサラダを食べない人でも、これは文句なくおいしく食べられそうだ。海鮮、魚介類が全くダメという向きには「蒸し鶏とネギと水菜のサラダ 揚げジャガのせ」(900円)がオススメだ。シンプルなおいしさのトマトサラダ(600円)もあり。