PR

 米アップルは2015年4月8日、「iOS 8.3」をリリースした。同版の特徴は、メジャーバージョンアップ時に匹敵する58ものセキュリティ修正が施されていることである。細工をしたICMPパケットによって経路情報が書き換えられる脆弱性など、危険性の高い脆弱性も複数修正されているため、適用可能な端末ではすぐにアップグレードすることが望ましい。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い