PR

眼鏡のSPA(製造小売業)チェーン「JINS」を展開するジェイアイエヌが、人の精神状態や頭部の姿勢をデータ化できるIoT(Internet of Things)型眼鏡の用途拡大を図っている。相手の集中度によって連絡方法を使い分けられる社内電話帳システムや、仕事への集中度から職場環境を改善する企業向けサービスなどだ。試験導入で得た成果を踏まえ、今春から本格販売に踏み出す。

 用途開拓に取り組んでいるのは、2015年11月に発売したセンサー搭載の眼鏡「JINS MEME」。複数の企業や研究機関と研究開発を進め、精神衛生や働き方改革、スポーツ医学に効果がある使い方や製品を提案している。

 例えば、企業向けでは眼鏡で取得した生体情報から仕事への集中度を数値化し、在席管理と連携させることで社内の意思疎通を円滑にする活用方法を提案している。スポーツ医学では、JINS MEMEのユーザーのランニング時のデータを大規模に収集して、走行時の姿勢からスポーツ障害を予知・予防する研究などが進行している。

眼球の動きから「集中度」を数値化

 JINS MEMEは2種類のセンサーだけで、複数の生体情報を収集している。レンズの間にある「鼻あて」も兼ねた眼電位センサーと、耳にかける「つる」の後端に内蔵されている6軸のジャイロセンサーである(図1)。

図1●眼球の動きとまばたきを検知するJINS MEMEの仕組み
図1●眼球の動きとまばたきを検知するJINS MEMEの仕組み
眉間と鼻あての3点にある眠電位センサーで眼球の動きを把握できる。このほかに、つるに内蔵した6軸のジャイロセンサーで頭の動きや傾きを取得する。
[画像のクリックで拡大表示]

 鼻あての電位センサーはまず眼球の動きをデータ化し、眼球の動きから瞬きの強さや頻度も計算している。電位で眼球の動きが分かるのは、眼球の黒目側がプラスに、網膜側がマイナスに帯電しているからだ。黒目が目頭に近づくと同じ側の電位がプラスに振れる。眼電位センサーは3つあり、左右のほか上下の眼球の動きも分かる。

 瞬きの状態が分かるのは、瞬きの時に眼球が一瞬、上に動く性質があるからだという。この動きの大きさや、間隔から瞬きの強さと頻度を計算する。

 ジェイアイエヌによれば、眼球の動きと瞬きの強さ・頻度は人間の集中度や覚醒度(目覚めの質)との相関が極めて高い。集中しているときは「眼は1点を見つめるように動きが小さくなる。瞬きの間隔は大きく開く」(JINS MEMEグループ事業開発担当の井上一鷹氏)。陸上競技選手が記録を更新したレースでは、極度の集中により瞬きがほぼなくなった例もあるという。

 つるにある6軸センサーは、重力方向に対する頭部の傾きや動きをデータ化する。スポーツ医学に応用する場合は、人が走るときの姿勢やその変化の時系列データから着地時の体重移動や足への負荷が推定できるという。オフィスで着座している時は、補助的ではあるが頭部の傾きや動きから姿勢や落ちつきの状態を推定し、集中状態を数値化する参考情報に使っている。

「集中」を中断させない在席管理

 企業活用の例が、ITベンダーのPhone Appliと共同開発した、社員間で集中度も共有できる在席管理の仕組みだ。同社が提供する社内電話帳のクラウドサービスに実装しており、数社が試験導入をしている。

 JINS MEMEはBluetoothを介してスマートフォンに生体情報を送信し、スマホ用アプリで集中度などを計算している。在席管理への応用では、電位や6軸のデータを毎秒20回の頻度で送信し、集中度と覚醒度を1分ごとに計算しクラウドに送信している(図2)。アプリ上では現在の集中度を即時に表示できるが、業務では幅を持った時間平均を用いるほうが良いと判断した。

図2●JINS MEMEで生体情報をサーバー側で活用する仕組み
図2●JINS MEMEで生体情報をサーバー側で活用する仕組み
Phone Appliが開発した集中度を可視化できるシステムなどがこの構成を採用する。
[画像のクリックで拡大表示]

 オフィス向けのJINS MEMEはブルーライトの低減機能も備えている。この利点を訴えて仕事中に着けてもらう。クラウドの画面上では社員名簿に在席状態と併せて3段階で集中度を表示。「電話を避けてメールを送る」「すぐに電話で相談する」など、相手の仕事状態に合わせて連絡手段を選び、お互いに集中時の中断を避けるように運用する(写真1)。

写真1●Phone Appliでの集中度の活用例
写真1●Phone Appliでの集中度の活用例
在席管理もできる電話帳・社員名簿アプリケーション「PACD(Phone Appli Collaboration Directory)」に、同僚の集中度を表示。相手の仕事の状態によって、電話やメールなど連絡方法を選ぶ使い方を想定する。
[画像のクリックで拡大表示]

 井上氏によれば、人は複数の仕事を同時にこなせない。「集中していない状態」は、仕事をさぼっているのでなく、様々な雑務をこなしている場合もある。Phone Appliで開発を指揮した山本祐樹執行役員は「企業にはこの『集中度』を人事評価に使わないことを薦めている。集中の可視化によって生産性を高めたり働き方を改革したりすることが製品の目的」と説明する。4~5社が評価をしており、3月から本格的に販売する計画だ。

 ほかの製品やサービス開発も進んでいる。鴻池運輸とはドライバーの居眠り防止システムを開発した。コネクシオは仕事の集中度などを評価し、働き方の改善・改革につなげる調査サービスを今春から本格販売する。

 労務・人事分野の研究者である明治学院大学学長特別補佐の伊藤健二氏とは、ストレスや労働意欲を可視化する共同研究が進んでいる。JINS MEMEのユーザーに専用アプリを提供し、生体情報と併せて今の感情を回答してもらい、両者の関係を調べている。IoT眼鏡でストレスや労働意欲も可視化できれば、職場での過労の発見・防止に活用できる可能性がある。日本で「働き方」に焦点が当たるいまだからこそ、可視化の道具としての実力に注目が集まっている。