PR

 通信大手3社の2016年4~12月期決算は好調だった。NTTとソフトバンクグループの減収は為替の影響が大きく、順調そのもの。増益幅は大手3社とも15%超を記録した。ただ、主力の携帯電話事業では「格安スマホ」に代表されるMVNO(仮想移動体通信事業者)の勢いがじわじわと拡大しており、KDDIとソフトバンクで影響が目立ってきた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料