PR

 通信大手3社の2015年4~12月期連結決算が出そろった。3社とも増収増益と好調で、中でもNTTの急上昇が目立つ。携帯電話業界では総務省の要請を受け、端末販売の適正化が進んでおり、MNP(モバイル番号ポータビリティー)を中心に実質負担額が上昇した。年間最大の春商戦が冷え込んで費用の減少となれば、利益のさらなる上振れもありそうだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い