PR

 不動産業のオープンハウスは、Office 365の利用をやめ、グーグルのG Suiteに乗り換えた企業である。同社はOffice 365利用当時、PCで使うOutlookでのメールの使い勝手が良いと評価していた、一方で同社は、メールの通数とサイズの大きい添付ファイルが多く、メールボックス容量に上限があるOffice 365はニーズに合わなかった。

導入時期2011年
利用していたサービスと用途(※)Exchange Online:メール
利用人数約700人(2014年12月時点)
良いと感じた点PCのOutlookから利用しやすい
悪いと感じた点自社の用途だとメールボックス容量が不足
オープンハウスがOffice 365(Exchange Online)を使っていた頃の利用状況
※このほかOfficeアプリケーションのライセンスを購入して利用

Outlookからだとやはり使いやすい

 オープンハウスがOffice 365を利用していたのは2011年から2015年までの約4年間。それ以前はレンタルサーバーを利用してWebサーバーとメールサーバーを同居させる形で運用していたが、メールの数が増えてサーバーの動作が遅くなるなどの影響が出始めたため、移行を決めた。

 管理本部情報システム部クラウド推進グループ主任の会見春香氏は、「メールは重要なので、メールサーバーがダウンしたら困る。このため信頼できそうな事業者を探し、マイクロソフトのExchange Online(当時の名称は「BPOS」)に乗り換えた」と説明する。

 同社が選択したのは、メールだけを使えるExchange Online プラン1。グループウエアは別途、サイボウズのクラウドサービスを利用していた。Officeアプリケーションについてはボリュームライセンスで購入しており、BPOSもPC版のOutlookから利用していた。

オープンハウスの本社が入居する丸の内ビルディング
オープンハウスの本社が入居する丸の内ビルディング
[画像のクリックで拡大表示]