PR

 Part3で紹介したBIツールは、様々な業務や用途で利用できる汎用性の高いツールだ。こうした汎用性こそ持たないが、データの傾向を一目で把握できる点で注目すべきツールもある。ここでは4つのデータ分析ツール、サービスを紹介したい。

 まずは、ユーザーローカルが提供するウェブアクセスの解析サービス「User Insight」だ。同サービスが採用したビジュアライゼーションは「ヒートマップ」。よくアクセスされた部分は赤色、そうでない部分は青色で表現し、ウェブページ全体のアクセス状況を直感的に把握できるようにした(下の図)。

●「User Insight」は利用頻度をヒートマップで表す
●「User Insight」は利用頻度をヒートマップで表す
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には2つの指標をヒートマップで表現している。1つはクリックされた回数。クリック回数が多いということは、クリックされた場所に記載されている情報に、たくさんの閲覧者が関心を示したことを意味する。

 このクリック回数とクリックされた場所をひも付けるのが、ヒートマップだ。クリック回数の多い場所を赤色、そうでない場所を青色としてウェブページに重ね合わせて表示する。すると、ウェブページのなかで閲覧者の関心を集めた場所が、一目で把握できる。

 もう1つの指標が、ウェブページのスクロール操作。操作が止まった場所を赤色、そうでない場所を青色で表す。スクロールの操作が止まったということは、その部分を閲覧者が熟読した可能性が高い。ヒートマップをウェブページと重ね合わせて表示すると、閲覧者の関心が集まった場所が一目で分かる。

 このように、指標と場所をひも付けるのにヒートマップは非常に有効なビジュアライゼーションだ。同様な手法を使って動線分析で利用するのが、ABEJA(アベジャ)の「ABEJA Dashboard」。来店客の動きを撮影した映像データを機械学習で分析し、出力した動線データをヒートマップで表現し、映像データに重ね合わせる。店内でにぎわっている場所を一目で見つけ出せる。

矢印や太さで客の動きを捉える

 次に紹介するツールは、パルコ・シティが開発した「Beacon Analytics」だ。動線分析のためのツールで、ビーコンで収集した動線データを分析できる。具体的には、店舗内に多数のビーコン発信機を取り付けておき、来店客には専用アプリをインストールしたスマホを貸し出しておく。来店客が発信機の前を通過するたびに、そのIDを専用アプリが記録していく。記録したデータをBeacon Analyticsで分析すると、来店客の足取りを把握できる。

 足取りを把握するためにパルコ・シティが採用したビジュアライゼーションは2つある。1つは「矢印」。店舗内に取り付けたビーコン発信機をフロアマップに記載して、隣り合う発信機をつなぐ矢印で来店客の流れを表した(下図の左)。通過した来店客が多いほど赤くして、来店客の流れと店内でにぎわっている場所が一目で把握できるようにした。

 もう1つは「サンキーダイアグラム」。線の太さで流量を可視化するものだが、パルコ・シティはフロア間の来店客の流れを把握するのに使った(下図の右)。フロア間をつなぐ線の太さが移動した来店客の人数に比例するため、そのフロア間を来店客全体でどのぐらいの割合が移動したのかが、直感的に分かる。

●パルコ・シティの動線分析ツール「Beacon Analytics」で来店客が立ち寄った場所と方向を同時に把握できる
●パルコ・シティの動線分析ツール「Beacon Analytics」で来店客が立ち寄った場所と方向を同時に把握できる
[画像のクリックで拡大表示]

24時間365日の行動を把握

 最後に紹介するのは日立システムズの「ライフログ解析サービス」。リストバンド型センサーなどで収集した生体情報の分析サービスで、日立製作所が開発した「ライフタペストリー」と呼ぶビジュアライゼーションを採用している(下の図)。

●日立製作所は「ライフタペストリー」で人間の生活リズムを可視化した
●日立製作所は「ライフタペストリー」で人間の生活リズムを可視化した
[画像のクリックで拡大表示]

 ライフタペストリーを見ると、その人の24時間365日の生活リズムを一目で把握できる。例えば不規則な生活を送っていると、ライフタペストリーの配色も不規則な並びになってしまう。逆に規則正しい生活を送っていれば、ライフタペストリーの配色も規則正しく並ぶ。