PR

 Webサイトなどにアクセスすると、こちらのIPアドレスが相手のサーバーに記録される。このIPアドレスを基にアクセス元の住所や会社名を簡単に特定できるのだろうか。実験してみた。

調査サイトを使って住所を調べる

 実験10では、2種類の実験を実施した。まず、個人向けプロバイダー経由でWebサーバーにアクセスした場合、IPアドレスからアクセス元の住所を特定できるかを調べた。次に、企業のパソコンからアクセスした場合、IPアドレスからアクセス元の会社名を特定できるかを実験した。

実験10の概要
実験10の概要
Webサイトなどにアクセスすると、相手のサーバーにアクセス元のIPアドレスが記録される。こういったIPアドレスからアクセス元の住所や会社名をどこまで特定できるかを調べた。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い