PR

 米国のセキュリティ組織であるCERTコーディネーションセンター(CERT/CC)とWi-Fiアライアンスは米国時間10月16日、無線LANのセキュリティ規格であるWPA2(Wi-Fi Protected Access 2)の脆弱性を公表した。国内のJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)なども10月17日、この脆弱性を脆弱性対策情報ポータルサイトのJVNに掲載して注意を呼びかけた。これを受けて、機器やOSのベンダーは対応を進めている。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料