PR

 日本マイクロソフトは10月12日、米国時間10月10日に公開した更新プログラム(パッチ)に問題があったことを明らかにした。原因は更新プログラムの誤配信。Windows Server Update Services(WSUS)を使っている企業の一部では、更新プログラムの適用後にパソコンが起動しなくなった。同社は10月11日午前8時までに問題を解消し、トラブルを回避するためのWSUSの設定方法や起動できなくなったパソコンの復旧手段などを公開した。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料