PR

 KDDI総合研究所は10月14日、光ファイバー通信の伝送容量の拡大に向け、周波数利用効率を向上する技術を開発した。実験では4Gモバイル通信で用いるLTEの約60倍となる、1Hz当たりの周波数利用効率を947ビット/秒まで高めた。6モード伝送で64値直交振幅変調(64QAM)信号伝送を用いて、周波数利用効率を大幅に改善した。理論値で4P(ペタ)ビット/秒以上の通信速度が見込めるという。これまでの周波数利用効率は最大1Hz当たり456ビット/秒。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中