PR

 検討時での混乱を避けるには、対象業務の範囲や内容の認識合わせが重要だ。対象範囲の現行業務内容を理解したら、それを分かりやすく整理する。今回は、現行の業務内容を視覚的に整理する「業務モデル」を解説する。

この記事は有料会員限定です

「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料