PR

 ボタンを押すと、Amazon.co.jpから指定した商品が2時間以内で届く─。これがAmazon Dash Button(以下Dash Button)の正しい使い方だ。しかしDash Buttonはそれだけに使うにはもったいないくらい高度な機能を持つハードウエアである。単体で無線LANに接続でき、TLSを利用した暗号化通信もこなせる。そこで、通信を解析した結果を基に、ほかの応用を試みた。具体的には、Dash ButtonのARP通信を検知し、Mac用のプレゼンテーションソフト「Keynote」でスライドのページをめくれるようにしてみた。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料