PR

 今回は応用編として、複雑なプロジェクトのリスク連鎖モデルの作成方法を紹介する。現実のプロジェクトでは、ロスコスト要因が1つであるとは限らないからだ。併せて、複数のリスク連鎖モデルの統合方法と得られるメリットについても解説する。

この記事は有料会員限定です

「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料