PR

 現場観察やインタビューの結果を整理する問題構造分析は、つまずきやすいポイントがいくつもある。必要な情報がそろっていない場合や、事象を掘り下げて分析しても「真の問題」が見えない場合などだ。これら「定義」フェーズのつまずきを乗り越える裏技を紹介する。

この記事は有料会員限定です

「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料