PR

 プロジェクトマネジャーやシステムエンジニア、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニアといったITエンジニアに関するスキルアップ。2017年のアクセス数上位を見ると、「IT資格」に関する記事が複数ランクインしている。資格が、エンジニアのスキルを証明する手立てとして重視されていることが分かる。

 中でも人気の資格は何か。アクセスランキング1位の「昇進に役立つIT資格の第1位は?」によれば、ITpro読者へのアンケート調査で支持された「最も役立つ資格」は「PMP(Project Management Professional)」だった。

 同調査において、ITベンダー資格で最も得票が多かったのは、米シスコシステムズの資格。記事のアクセスランキングでも18位に「シスコ資格:CCNAへの道」が入った。このほか、資格試験に臨む際の心構えを説いた「資格試験では、戦う相手を間違えると勝てません」もランクインした。

 エンジニアのキャリア形成や働き方に関する記事も、多くのエンジニアに読まれた。第3位の「JALの最高位整備士が、定年間際に語った『人の育て方』」は、整備一筋で40年以上キャリアを積んだ日本航空の整備士に迫った記事。「志が低い人が出世する現実に失望し、『個人の力』を知りたくなった」「「『メイドカフェでノマドワーク』が働き方改革の切り札ってホント?」なども人気を集めた。

 これ以外に目を引くのは、技術トレンドに左右されず根強く読まれている記事が多いこと。「図解で学ぶネットワークの基礎」「開発プロセスの基本を学ぶ」「今こそ『基本設計』のスキルを見直す」などは数年前に公開された記事だが、今も多くのエンジニアに参照されている。