PR

 2017年は三菱東京UFJ銀行をはじめとして業務システムのクラウド移行が相次いだが、クラウド分野で注目を集めたのは、先行して導入が進んだグループウエアのクラウドサービス「Office 365」の記事だった。

 トップ10では、1位の「『Office 365を使って損する』って本当?」。4位の「国内外1万人が使うOffice 365、突然の仕様変更に戸惑う」、5位の「“いきなり新ツール”のOffice 365、意外に早いサポート終了で困る」、7位の「わかりにくいOffice 365の料金プラン、かしこい契約方法は?」が該当する。

 いずれも、Officeがクラウドサービスになったことによる“分かりにくさ”がテーマだ。ライセンス体系、サポート、仕様変更、機能追加などが従来版とは異なる。そのことを、一部ユーザー事例を基にして伝えた。

 クラウド分野で活躍する女性ITエンジニアを取り上げた「クラウド女子」の記事も読まれた。6位の「2年で“クラウド部長”になったNTTデータ女性社員」、8位の「『最初は怖かったクラウド勉強会』、世界のAWSヒロインが明かす」、9位の「リクルートでも異端、生粋クラウド女子の凄み」の3本だ。これらは、クラウド分野でなぜ女性の活躍が目立つのか、という疑問から生まれた特集記事。目の前の仕事ばかりにとらわれず、新しい技術に意欲的に取り組む女性ITエンジニアの姿勢が刺激になったのではないだろうか。

 このほか、ユーザー企業1社が物理サーバーを独占的に利用する“専有クラウド”の是非を問うた「専有クラウドはいずれ沈む泥舟」(2位)、米Oracleによる他社クラウド利用時のデータベースライセンスの値上げを報じた「オラクルが他社クラウド向けDB料金を実質値上げ、2倍のケースも」(3位)が上位に入った。後者は、クラウドベンダー同士の競争激化を象徴する記事といえる。

クラウドのアクセスランキング
期間:2017年1月1日~12月10日
順位タイトル
1位「Office 365を使って損する」って本当?
2位専有クラウドはいずれ沈む泥舟
3位オラクルが他社クラウド向けDB料金を実質値上げ、2倍のケースも
4位国内外1万人が使うOffice365、突然の仕様変更に戸惑う
5位“いきなり新ツール”のOffice 365、意外に早いサポート終了で困る
6位2年で“クラウド部長”になったNTTデータ女性社員
7位わかりにくいOffice 365の料金プラン、かしこい契約方法は?
8位「最初は怖かったクラウド勉強会」、世界のAWSヒロインが明かす
9位リクルートでも異端、生粋クラウド女子の凄み
10位グーグルが「ID管理」にエンジニア2000人を充てている理由
11位若手が知らない昔の技術MQ、クラウドではホットだ
12位Office 365の検索は複雑怪奇
13位日本のIT業界に襲いかかるシリコンバレーの「デス・スター」
14位グーグルがOffice 365に挑戦状、働き方改革へG Suite強化
15位100%クラウドに東急ハンズができた理由
16位メインフレーム撤廃、自力で難題乗り越えクラウド化
17位SIベンダーの体力に頼る日本の大手ユーザーの憂鬱
18位「助けの来ない籠城戦」で全滅しないために必ずすべきこと
19位「持てる者」と「持たざる者」のクラウド戦争
20位比較表に収まらないクラウド3強---AWS、MS、グーグル