業種:製造
事象:不正アクセス、情報漏えい
発生時期:2018年1月23日~2月11日(2月26日発表)

被害内容:顧客情報の管理を委託した先のサーバーが不正アクセスを受け、顧客情報計2万8722件が第三者に流出した。不正アクセスを受けたのは、「2000年から2009年の間に同社サイトでカタログ請求した顧客のデータベース」や「2015年7月実施のEmailアドレスキャンペーンに応募した顧客のデータベース」など。流出した情報は「電子メールアドレス」で、同データベースに含まれる他の情報の流出については現在調査中としている。

関連記事ポルシェ ジャパンが新たに最大2855件の顧客情報流出を公表、合計で3万件超(日経 xTECH、2018/04/09)
関連記事ポルシェ ジャパンで不正アクセス、2万8722件の顧客情報が流出した可能性(日経 xTECH、2018/02/27)