業種:製造
事象:不正アクセス、情報漏えい
発生時期:2018年2月10日(2月28日発表)

被害内容:メールサーバーが不正アクセスを受け、東芝およびグループ会社の従業員100人のメールを不正に見られた可能性がある。流出したおそれがあるのは、メールアドレスや電話番号、氏名などの個人情報。機密性が高い技術情報や取引関連情報などは含まれていない。東芝社内の情報システムの管理・運用を担う子会社、東芝インフォメーションシステムズが運用や監視の一部を委託している外部企業で、監視用サーバーに不正アクセスがあり、そのサーバー経由で東芝の社内情報システムに不正アクセスした可能性がある。

関連記事東芝のメールサーバーに不正アクセス、グループ100人のメール流出の可能性(日経 xTECH、2018/02/28)