業種:公共
事象:不正アクセス、マルウエア、情報漏えい
発生時期:2017年3月9日、4月10日(4月13日発表)

被害内容:独立行政法人統計センターに運用を委託している「地図による小地域分析(jSTAT MAP)」サイトから、最大で2万3000人分の個人情報が流出した可能性がある。サイトは4月11日正午に停止し、再開時期は未定。JavaのWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受けた。流出した恐れがある個人情報は、サイト利用登録時の必須項目である氏名、メールアドレス、職業、会社名/学校名、利用目的。加えて、任意入力項目である電話番号、性別、年代、住所、具体的利用目的、情報の入手先のほか、利用者がアップロードした店舗などの情報も漏れた可能性がある。

関連記事総務省、Struts2の脆弱性を突かれて2.3万人の個人情報流出か(ITpro、2017/04/13)