業種:流通・サービス
事象:マルウエア、その他
発生時期:2017年6月16日(6月19日発表)

被害内容:複数店舗システムのコンピュータがマルウエアに感染し、外部に向けて大量のパケットを発信して通信を圧迫し、商品購入時のポイントサービスが利用できなくなった。電子マネーや宅配サービスなども利用できない事象も起きている。マルウエアの種類は「調査中」で、ランサムウエア「WannaCry(ワナクライ)」の可能性もあるが、ネットワーク経由で自己増殖して感染を広げるワームの動作はしていないという。利用できないサービスは「dポイント」「楽天スーパーポイント」、電子マネー「WAON」「iD」、宅配サービス「マックデリバリー」。被害は収束に向かっている。

関連記事「WannaCry亜種に感染」、マクドナルド障害のマルウエア判明(ITpro、2017/06/28)
関連記事マックの障害が復旧、マルウエアの正体は「解析中」(ITpro、2017/06/21)
関連記事マックのシステム障害はマルウエアが原因、大量パケットで通信が遮断(ITpro、2017/06/19)
関連記事マクドナルドでシステム障害、dポイントと楽天ポイントが利用できず(ITpro、2017/06/16)