業種:公共
事象:情報漏えい、不正アクセス
発生時期:2016年2月(2016年6月27日発表)

被害内容:県立学校の情報システムが外部から不正アクセスを受け、生徒や保護者、教職員の個人情報を含むファイル約15万3000件が漏えいした。2月に警視庁から不正アクセスについて連絡があり、内部で調査を進めてきた。6月27日に、警視庁が17歳の少年を不正アクセスの疑いで再逮捕したことを踏まえ、事実関係を公表した。被害を受けたのは県立学校の校内LAN上にある「校務用サーバー」(4校)、「学習用サーバー」(6校)と、県立学校で共用するクラウド型の教育情報システム「SEI-Net(セイネット)」(7校)のデータである。重複を除くと、県立学校48校のうち9校が影響を受けた。

関連記事佐賀県の学校システムに不正アクセス、成績・生徒指導含む15万ファイル漏洩(ITpro、2016/06/27)
関連記事佐賀県立学校不正アクセス事件、個人情報1万4355人分、成績808人分の流出が確定(ITpro、2016/08/10)