業種:流通・サービス
事象:不正アクセス、情報漏えい、その他
発生時期:2018年9月26日~12月6日(12月20日発表)

被害内容:AWS(Amazon Web Services)で運用するシステムが不正アクセスを受け、Webマーケティング向けメディア「ferret」のメールマガジン登録者のメールアドレスなど約40万件の顧客情報が流出した可能性がある。ただし実際に情報が流出した痕跡は確認されていない。不正に構築されたサーバーを調査したところ、仮想通貨「イーサリアム」のマイニングマシンと同じ構成をしていた。そのため仮想通貨マイニングに利用する「クリプトジャッキング」と呼ばれる攻撃だったと推測している。

関連記事仮想通貨採掘に無断使用?ベーシックがAWSで不正アクセス被害(日経 xTECH、2018/12/20)