PR
ポイントはここ!

■音声検索の仕組みには、NTTドコモの意図解釈エンジンを採用
■顧客の様々な質問に的確に回答するため、登録キーワードの拡充に腐心

成田国際空港

 成田国際空港は2013年11月、空港内の施設や飛行機の発着便などに関する情報を音声で検索、案内するアプリ「成田コンシェル NariCo(ナリコ)」の提供を開始した。料金は無料。顧客はスマートデバイスにアプリをダウンロードし、話しかけるだけで目的の情報を調べることができる。NTTドコモの音声アシスタントアプリ「しゃべってコンシェル」と同じ要素技術を活用して実現した。

 狙いは、顧客の利便性向上。アプリに話しかけるだけなので、高齢者や子供をはじめ、誰でも簡単に使える。従来のように案内カウンターに行かなくても、どこでもすぐに必要な情報を得られる。本格的な展開はこれからだが、今後は発話ログを分析してマーケティングに活用したり、空港施設や各種サービスの改善に役立てたりする予定である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い