PR

 ポケットに入れられる超小型パソコン。テレビやディスプレーに接続して利用する。インテルや米グーグルが2015年春に相次ぎ発表したことで注目が集まっている。

 細長い形で手のひらサイズ。USBメモリーをやや大きくした形で、ネット検索やメールができる─。そんな超小型のスティック型パソコンが2015年春に登場しました。テレビやディスプレーに挿して使うもので、ワイヤレスのキーボードやマウスで操作します。

仕様:スマホ並み機能で重さ50g

 米グーグルは2015年3月末、普及を進めるパソコン用OSのクロームOSを搭載したスティック型パソコン「Chromebit」を発表。2015年4月に入ると、インテルもウィンドウズ8.1やリナックスが載る「Compute Stick」を発表しました。

 ウィンドウズ8.1を搭載したCompute Stickは、近々に出荷が始まる見込みで、2万円前後で販売される予定です(本誌注:2015年6月に発売)。

 大きさは縦10cm、横4cm、厚さ1cmの縦長サイズで、重さは50gほどです。テレビなどに差すHDMI端子が付き、マイクロSDカードを挿してストレージ容量を増やせるスロットもあります。

 内部にはプロセッサーと冷却ファンに加えて、2ギガバイトのメモリー、32ギガバイトのストレージを搭載。Wi-Fiを使ってネットワーク接続したり、ブルートゥースでワイヤレスのキーボードやマウスを使ったりできます。