PR

 2014年夏に登場したBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールの新製品に続々と搭載されているプレゼンテーション機能。分析結果に対し、関係者の合意形成をしやすくする。


 データの取り込みから分析、結果をグラフや図にするまでをマウス操作1つでできる、データの視覚化に重点を置いたBIツール群。2014年夏に登場したこれらの新版や新製品には、BIストーリーテリングと呼ばれる機能が続々と加わっています。

原理:分析結果をつなげて語る

 BIストーリーテリングとは、BIツールで作成したグラフや図など複数の分析結果を使って、プレゼン資料を作成する機能のことです。個々の分析結果を示すスライドには、注目すべきポイントや「分析結果から何が言えるのか」といったコメントを加えることができます。

 複数の分析結果を踏まえたスライドを紙芝居のようにつなぎ合わせていくことで、「そこからどんな結論が導き出せるのか」といった一連の“ストーリーを語れる”機能であることから、BIストーリーテリングの名が付きました。

 これまでは京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI)が国内販売する豪イエローフィンの「Yellowfin」が同機能を備えている程度でした。ところが2014年6月、タブロージャパンがBIツール「Tableau」の新版にこの機能を「ストーリーポイント」という名で追加。クリックテック・ジャパンも同7月、「データ・ストーリーテリング」と呼ぶ機能を含む新製品「Qlik Sense」の販売を始めています。

 ストーリーテリングはもともと、物語を通してコンセプトなどを伝える手法のこと。マーケティングや組織改革の合意形成の手段でした。これにBIツールベンダーが注目したのです。背景には「せっかく分析してもビジネスのアクションに結び付かない」というデータサイエンティストらの切実な悩みがあります。

 一因は、分析結果を業務担当者に単に伝えるだけでは「グラフのどこに着目すればよいのか」「そこから何を読み取ればいいか」がぱっと見では分からないということです。

 「着目すべきポイントや読み取れることが明確になるプレゼン資料になれば、業務担当者の理解を得やすく、アクションにつながる可能性が高まる」と、タブロージャパンの並木正之マネジャーは説明します。