PR

 忙しい上司に代わって、部下である現場社員のモチベーション向上を図るクラウドサービス。ストレスチェック制度の開始や離職率低下の課題を踏まえて、相次ぎ登場している。

 メンタルヘルスが不調な社員が出ないようにケアを行うことを企業に義務付ける、ストレスチェック制度が2015年12月に始まりました。企業も「上司は忙しすぎて、部下に対する対応が不十分。離職率も下がらない」「複数の拠点に分散している個々の社員に、きめ細かいケアはできない」といった課題を抱えがちです。そういった状況を踏まえ、2015年春以降にモチベーション向上クラウドと呼ばれるサービスが相次ぎ登場しています。

実例:社員のケアで売り上げ4割増

 具体的には、人材育成事業を手掛ける、もくてき(東京・品川)が2015年4月に開始したクラウドソーシングサービス「YeLL(エール)」や、キーポート・ソリューションズ(東京・中央)が2015年8月に提供し始めた「Willysm(ウィリズム)」があります。

 もくてきのYeLLでは毎週、顧客企業の社員1人ひとりに対し、その週に取り組んだ仕事の内容などをクラウドに記入してもらいます。それをキャリアカウンセラーなどの資格を持つYeLLの担当者がチェック。取り組みをプラスに評価するコメントや、応援メッセージをクラウド上から返すことでモチベーションを高めます。自身の仕事で忙しい上司の代わりに、社員とコミュニケーションを取ってくれるわけです。

 さらに部署の方針に沿って社員が自らの仕事の目標を設定したり、修正したりできるように誘導もしていきます。社員にとっても、自発的に仕事を進められるようになるメリットが見込めます。

 社員のケアは業績にもプラスのようです。もくてきの與良昌浩代表取締役は「既に採用したある企業では、それまで受け身だった社員が顧客に対して能動的に行動するようになり、売り上げが4割アップする成果を得た」といいます。