PR

 異なるパターンのWebページを複数用意し、ユーザーに利用してもらうことで活用度の違いを調べるテストのこと。Webサイトを運営しながら細かく改善し、閲覧率向上などの成果を出せる。


 「Webサイトにアクセスした顧客の購買単価を高めるには、どのような文言を書いた商品購入ボタンを配置すれば良いものだろうか」。Webサイトの改善に取り組む現場では、開発者がこのような悩みに直面することが少なくありません。

 このような場面で広く適用されている手法が、A/Bテストです。WebページをAパターンとBパターンの2つを事前に用意し、ユーザーに実際に使ってもらい効果を調べる調査手法のことです。パターン数が3つ以上でもA/Bテストと呼ばれます。

背景:米大統領選挙で注目集まる

 A/Bテストへの注目度が高まったのは2008年の米大統領選挙です。バラク・オバマ陣営が選挙期間中、選挙用のWebサイトのコンテンツを改善する際にA/Bテストを適用。その結果、1億ドル以上の寄付金を追加で集めることに成功しました。

 オバマ陣営はユーザー登録画面に表示させるボタンの文言を決める際にA/Bテストを活用。このケースの課題は、「サインアップする」「もっと知る」「すぐに参加する」「すぐにサインアップする」の4パターンのうち、どれにするとより多くのユーザーが登録し、実際に寄付してくれるかというものでした。

 このA/Bテストでは、ボタンの配置はそのままにして、ボタンの文言だけを変えたページを4パターン用意。アクセスしてきたユーザーに対していずれか1つを表示し、ユーザーの動きを調べました。その結果、登録や寄付の件数が最も多かったのが、「もっと知る」でした。それ以降、この文言に統一して、登録者数を伸ばしました。