PR

 クラウド内部のシステムの立ち上げや変更を自動化するソフトウエア技術のこと。サーバーに加えて、ファイアウオールなどネットワーク機器も制御できる製品が続々と登場している。

 1つのサーバーを仮想的に複数に分けて使うことで、IT(情報技術)の効率化を図れるクラウドサービス。こうしたクラウドを利用する企業や、自社内で専用のクラウドを作って運用する企業が増えています。

 そうしたクラウドの運用現場に向けた、あるソフトウエア技術が今、注目を集めています。それがクラウドオーケストレーションです。

原理:ソフトでハードを色付け

 クラウドオーケストレーションとは、専用のソフトウエアで、クラウドを構成するサーバーやネットワーク機器などを自動的に設定・制御する技術を指します。

 従来も、物理的なサーバーのうえに仮想的なサーバーを立ち上げたり、立ち上げた仮想サーバー同士を連携させたりすることはできました。クラウドオーケストレーションはさらに管理対象をサーバーだけでなく、ネットワーク機器にまで拡張させています。技術的には、仮想サーバーを制御する仕組みに、ソフトウエアでネットワーク機器を自動的に設定・制御するSDN(Software Defined Network)を加えたものといえます。

 2014年末から、オーケストレーション機能を備えたソフトウエア製品が続々と登場しています。2014年12月に伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が、米ヴイエムウェアのクラウド管理製品群を組み合わせて動作検証を施した「Next Generation VM Pool」の提供を開始。2015年4月からは、NTTコムウェアが「SmartSDN Controller」と呼ぶ製品の新版を提供し始めます。