PR

 04月11日~04月15日の週に毎日更新した特集は,以下の7本でした。

ワークスタイル変革 最前線

LINE×サイボウズのバグバウンティ対談  これまでの業務フローを見直し、ITを積極的に取り入れて生産性を大幅に引き上げる。そうした「ワークスタイル変革」に取り組む企業が増えている。成果を上げている企業の施策を紹介する。

>> 目次

IoTテクノロジー最前線──無線技術、IoTプラットフォーム、ものづくり

情報を読み解けば未来が見える  IoTは無線技術、センサーデバイス、クラウドなど、様々な先端技術を組み合わせることで成り立っています。今回の特集では、ものづくりの専門家が各分野でのIoT技術の最新動向を解説します。

>> 目次

悩みをパッと解決 最強の分析手法

情報を読み解けば未来が見える  「設備が故障した」「部下が辞めそう」……仕事でも日常生活でも日々課題は山積み。悩み多き現代人の強い味方がデータだ。“最強の分析手法”の使い手に変身して、今日から職場や家庭で役立ててほしい。

>> 目次

IT専門家に即役立つ極上アイデア発想法

情報を読み解けば未来が見える  現代は過去の延長でものごとを判断したり行動していては、思うように成果を出せない。求められるのは従来の秩序を壊す「イノベーション」だ。本稿ではイノベーションを実現する極上のアイデア発想法を厳選紹介する。

>> 目次

情報を読み解けば未来が見える

情報を読み解けば未来が見える  情報技術の進展のおかげで、我々は莫大な量の情報に日々接し、その恩恵を受け、ときに翻弄されるようになった。貴重な情報も、ひとたびその読み方を誤れば、役に立たないどころか、害悪さえまき散らすことになる。こんな時代だからこその情報との付き合い方とはなにか。様々な事例をケーススタディに、正しい情報の読み解き方について考察していこう。

>> 目次

LINE×サイボウズのバグバウンティ対談

情報を読み解けば未来が見える  自社製品の脆弱性を発見した外部のバグハンターに報奨金を出す「脆弱性報奨金制度(バグバウンティ)」。LINEとサイボウズの担当者に、報奨金制度を始めたきっかけや効果、運用ノウハウを本音で語ってもらう。

>> 目次

趙 章恩「Korea on the Web」

IT専門家に即役立つ極上アイデア発想法  日本で育ち現在ソウルに住むITジャーナリストの著者が、韓国からIT最前線の話題を解説する。日韓両国で生活した経験を活かし、両国のIT事情を比較解説。表面からはわからない様々な情報を、分りやすくお伝えする。

>> 目次