PR

 09月16日~09月19日の週に毎日更新した特集は,以下の8本でした。

電子立国は、なぜ凋落したか

ステークホルダーマネジメント  「電子立国は、なぜ凋落したか」~アップルも鴻海も生み出せなかった日本。かつて世界を席巻した日本の電子産業。今や、それは夢まぼろしである。そうなってしまった本当の原因は何か。多面的な視点で解き明かす。

>> 目次

iPhone 6/Apple Watchの登場、私はこう見る

ステークホルダーマネジメント  ついに発表された新型スマートフォン「iPhone 6」とウエアラブル端末「Apple Watch」。iPhone 6は従来モデルより画面を拡大した2モデルが登場、カメラ機能などを強化した。Apple Watchは、2014年に入って各社が相次いで発表した「スマートウオッチ」スタイルの製品だ。新しいデバイスをどう感じたか、業界の識者に聞いた。

>> 目次

知らないと損する!スマホの料金

パソコンはもう終わってしまうのか?  本特集ではスマホの使い方や契約を見直すことで、毎月の料金を節約する方法を紹介する。NTTドコモやソフトバンク、auが通話定額の新料金プランを開始して、料金体系が様変わりした。スマホの料金を見直す絶好の機会だ。

>> 目次

パソコンはもう終わってしまうのか?

被害最小化の切り札「CSIRT」  市場規模の頭打ちや押し寄せる低価格化の波、著名ブランドの事業撤退や相次ぐM&Aなど、ここ数年、パソコン業界を巡る話題には暗い影がつきまとう。もはや産業として衰退に向かうのか。再起動のカギは?

>> 目次

ステークホルダーマネジメント

ステークホルダーマネジメント  関係する利用部門がそれぞれ勝手なことを言って先に進めない―。こう悩むPMの処方箋になるのが「ステークホルダーマネジメント」だ。関係者全員が同じ目標に向かって協力する。そんなプロジェクトにしよう。

>> 目次

被害最小化の切り札「CSIRT」

ステークホルダーマネジメント  巧妙化の一途をたどるサイバー攻撃。被害を最小化するには、経営陣に認められた“組織体”が必要だ。それが「CSIRT」である。CSIRTの有効性を解説するとともに、CSIRT構築および運用の勘所を紹介しよう。

>> 目次

ITで“今度こそ”変わる日本の医療

ステークホルダーマネジメント  日本の医療が大きく変わりつつある。少子高齢化、人口の減少、医療リソースの都会への集中など、医療は様々な課題を突き付けられている。「岩盤規制」などと言われ、保守性の象徴だった医療も、根本的な変身を迫られているのだ。 そんな状況下で、ITを利用して活路を切り開こうとする動きが、様々な局面で起こっている。ITで変わりつつある日本の“医療ITの現在地”を報告する

>> 目次

山谷剛史のニーハオ!中国デジモノ

ステークホルダーマネジメント  中国で売られている様々なデジタル製品。良くも悪くもパワーのある国だけに、多彩な製品が売られている。「こんなのアリ?」といった怪しげなモノから、「なかなかヤルじゃん」という優れモノまで。中国で見つけたデジモノをレビューしていく。

>> 目次